目の前の支払いが迫っていてどうにもならなかったとき、キャッシングを使って良かったと感じました。一応安定した収入はあるものの、出費が上回る月も少なくなくて貯金を切り崩しながらだからなんとか人並みの水準でせいいっぱいです。でも、理不尽にお金が必要なときは訪れるもので、しかも何故か特定の期間に集中していくつも重なるのです。もしキャッシングがなかったらこの出費ラッシュに耐えかねて親に相談してしまうところでしたが、一切誰にも知られず生活を立て直せたのは地獄に仏でした。

それまでお金を借りることとは無縁の生活を送っていたため最初はピンとこなかったのが正直なところです。ところが、お金で悩む毎日にヘトヘトになり夜風に当たろうと外を歩いていたらひときわ輝く店が目に映りました。その店こそがキャッシングだったので、ああこんなにも近くに救いがあったんだと自分の視野の狭さを恥じたのです。夜中で周りが閉まっているなかでポツンと営業し店内から漏れ出る光は、まさに私の今後を良い方向へ導く救いの道のように思えた記憶があります。その後必要なものを揃えて利用したら喉から手が出るほど欲しかったお金があっという間に手に入ったので、キャッシングには感謝の気持ちしかありません。